植物

神様の愛「桜」

人間たちがウクライナ問題やコロナで悪戦苦闘している中で、どこ吹く風と花たちは優雅にいつも通りに咲いています。桜が満開になりました。やはり春は桜です。 先日桜の木に止まって、小鳥が花の蜜を吸っているのを見ました。花が下を向いているので、枝に止…

白梅、紅梅、蝋梅

今日は天気が良く、暖かかったので、妻と散歩に行きました。しかし外に出ると風が強く、思ったよりも寒く感じました。 そんな中、三種類の梅と出会いました。まず最初に出会ったのは白梅でした。道路沿いの畑の隅っこで、風に激しく揺られていました。開いた…

種から成長したミカンの木

今週のお題「復活してほしいもの」 10年以上前のことですが、食べたミカンにたまたま種が入っていました。ベランダの鉢に撒いたところ、たくさん芽が出てきました。 ミカンは種からだと、実が成るまでに20年以上かかります。そんなに待てないので、数年後に…

幸福の木の花

今週のお題「復活してほしいもの」 「復活して欲しいもの」ではなく「復活したもの」を書かせて頂きます。 職場に太さが2センチほどで、長さが1.5メートルほどの幸福の木がありました。葉がてっぺんに少し付いているだけで、ひょろひょろで、とても格好悪い…

神様の愛「梅」

今日は陰暦1月1日で旧正月です。昨日駅に行く途中に良い香りがすると思って見上げると、ようやく紅梅の花が咲き始めました。塀の中にあるので、勝手に入ることもできず、道端から暫く見ていました。近所で一番早く咲き始める梅の花です。 数年前は1月半ばに…

神様の愛「奇跡のリンゴ」

奇跡のリンゴというのがあります。木村秋則さんという方が、今まで誰も成功したことのない無肥料、無農薬で、10年掛かって地獄を通過して栽培に成功したリンゴです。 普通のリンゴの木の根は数メートルですが、木村さんの栽培したリンゴは根が20メートルくら…

神様の愛「動植物」

私たちの周囲に植物や動物が存在することは奇跡です。人間以外に水や石や砂などの鉱物しかなければ、寂しいものです。どんなに夕日や海や星が綺麗でも、人間は地球上に生きることができません。 植物は二酸化炭素を吸って酸素を出します。動物は反対に酸素を…

紅葉の絨毯

家の玄関を出ると、もみじの木が並んでいます。先日2日続いて降った雨で、紅葉したもみじの葉が半分くらい落ちてしまいました。地面は綺麗なもみじの絨毯となりました。 良く見ると赤だけではなく、黄色や茶色など様々な色が混ざっています。とても鮮やかな…

菊祭りと散歩

先日妻と久し振りに川越の街に行きました。朝から快晴で、絶好のサイクリング日和でした。国道沿いの快適な自転車道を通って行きました。途中左に雪をかぶった富士山が良く見えました。 ゆっくりと景色を楽しみながら、30分ほどで街に着きました。まず喜多院…

種の中の小さな宇宙

山の頂上に登って美しい景色を見たり、旅行して珍しいものに出会ったりすると感動します。 しかし日常の身近な中にも、たくさんの感動が転がっています。 空気を吸えること、太陽の光や温もりに触れること、水を飲めること、自分の手で箸を持って食事ができ…

不思議な霧

もう20年くらい前の丁度今頃のことです。とても偶然とは思えない不思議なことがありました。7人くらいでワゴン車に乗って、諏訪から松本方面に行きました。いつもの道では面白くないから、たまには別の道を走ってみようと、わざわざ遠回りをしてヴィーナスラ…

ベランダのミニトマト

毎朝ベランダのミニトマトが食卓に乗るようになりました。お弁当の中にも入ります。数個ずつですが、嬉しいことです。 毎年食べたトマトから種を取っておき、春に撒きます。今年は10本ほどに実が成っています。 鈴なりのもあれば、数個しか成っていないのも…

梅雨の楽しみ

雨で災害に合われた方々にはお見舞い申し上げます。 私は毎年梅雨を楽しみにしています。梅雨にうってつけの作業があるからです。それは挿し木や接ぎ木です。 挿し木や接ぎ木をした後は、土が乾いたり、接ぎ木した面が乾くのを防がなければなりません。せっ…

ベランダ菜園の小さな喜び

5回以上収穫をさせてくれた春菊が、最後に花を咲かせてくれました。口だけではなく、目も喜ばせてくれました。 毎年春菊の種を撒きますが、いつも花を咲かせて終わります。 「美味しい葉っぱを有り難う。」 「美しい花を有り難う。」 春菊に代わり、今の主役…

アジサイが 今か今かと 梅雨を待つ

今週のお題「575」 アジサイの枝をもらったという知人から、挿し木の仕方を聞かれました。以前、借家の庭のアジサイを10倍に増やしたことがあります。とても簡単でした。 茎を切ると、ストローのように穴が開いています。すぐに潰れてしまうほど華奢(きゃし…

雨の日の楽しみ

今週のお題「雨の日の過ごし方」 私はアウトドアも大好きですが、雨の日にできる趣味もたくさんあります。ピアノを弾いたり、音楽を聴いたり、ベランダ菜園で過ごします。 ピアノは独学で自己流です。楽譜は覚えていないので、手の記憶だけが頼りです。どの…

失敗ばかりの苔育て

素朴で花も咲かない苔ですが、癒やしを感じさせてくれます。苔むした庭や沢、山の土手などで苔を見ると嬉しくなります。 最近、知人から大量の苔をもらいました。前々から私が苔を好きなのを知っていて、持って来てくれました。今まで苔玉を作ったり、鉢に植…

種から咲いた桃の花

今週のお題「〇〇からの卒業」 桃栗3年と言いますが、10年以上前に食べた桃の種を取り土に埋めてから、今年になって初めて花が咲きました。たった4輪ですが、とても感動しました。とても嬉しい春の訪れです。 濃いピンク色をしていて、桜の花に似ています。…

呪いに負けず一途に咲く水仙

1年ほど前にも一足早く咲いている水仙を見つけて書きましたが、今回はそれよりも2週間くらい早く見つけました。 これから寒くなるというのに、お構いなしのようです。それとも水仙は寒いのが好きなのでしょうか。私自身は寒さが大の苦手なので、尊敬に値しま…

自然流と作られた自然

毎年、家のそばの畑の周りに菊の花が咲きます。菊は宿根草なので、枯れても根が残り、毎年同じ所に同じ花が咲きます。黄色やピンク、白、紫、赤、橙、色とりどりの菊が咲いています。大きさも様々です。自由気ままに咲いているように見えます。名付けて自然…

コスモスの中に宇宙の星

秋は矢張り紅葉とコスモスです。紅葉はまだ早いので、コスモス畑に行って来ました。コスモスロードと言って、川沿いの遊歩道の両側に帯状に5キロほど続いています。所々に大きなコスモス畑があります。 濃いピンクと薄いピンクに混ざって白い花も点々と咲い…

寒くなると植物の手入れが楽になります

今週のお題「急に寒いやん」 県道沿い花壇に花を植えたり、草取りをするボランティアをしています。夏の暑い頃は取っても取っても、次から次へと草が生えてきました。しかも太くて大きな草が厄介でした。 寒くなるに従って、草が減っていきます。夏のような…

ベランダでサツマイモの収穫

今週のお題「いも」 去年の話ですが、春にサツマイモを買って、切れ端を3センチ位、水を入れた小さな皿の上に乗せました。窓際の明るい所に置いておきました。 しばらくすると、芽が出て来ました。一つ、二つ、三つと次々と出て来ました。根っ子もそれぞれの…

コスモスの中に宇宙の星

私はコスモスのピンク色の軽やかな花が、秋風になびいて揺れる姿を見ると、幸せな気分になります。 毎年、必ずコスモスの花をどこかに見に行きます。鴻巣の荒川河川敷、くりはま花の国、昭和記念公園、千葉のマザー牧場、などです。 また日高市の高麗川沿い…

土手でご飯のお供を調達

今週のお題「ごはんのお供」 小さなハサミとビニール袋を持ってニラを採りに行って来ました。近くの小川の土手に密集して生えています。 ニラはよく毒のある水仙と間違えられます。しかし、今の時期は水仙は生えていません。しかも、今ニラは花を咲かせる時…

アゲハチョウの里帰り

朝から綺麗なアゲハチョウが、ずっとベランダのミカンの木の周りを舞っています。 そう言えば、毎年ミカンの葉っぱが緑色のイモムシに食べられてしまいます。もしかしたら、このアゲハチョウはミカンの木の葉っぱを食べたイモムシかもしれない、と思いました…

⑤リンゴの木が持つ本来の力を引き出す

今週のお題「読書感想文」 普通のリンゴの木の根は数メートルですが、木村秋則さんの栽培したリンゴは根が20メートルくらい伸びているそうです。肥料を上げないので、木の根が自分で栄養を探しに行くそうです。だから普通の数倍根が伸びます。 台風で多くの…

枯れたワイルドストロベリー

今週のお題「暑すぎる」 私自身暑いのは、そんなに苦ではありませんが、一番困るのはベランダの植物たちです。朝たっぷりの水を上げていますが、夕方帰って来ると土がカラカラに渇いています。 種から育てて大切にしていたワイルドストロベリーが水切れで枯…

④雨の中で花植え

今週のお題「傘」 日曜日の午後に仲間と7人で県道の花壇に花を植えました。天気予報では雨の予定でしたので、カッパを着てサウナにはなりたくないと思い、傘を差しての作業と決めていました。 元々、サツキが植えてあった花壇ですが、信号に近い所が車の排気…

ベランダ菜園(ジャングル)

お題「#おうち時間」 猫の額ほどのベランダがある。花や野菜、果物の鉢が所狭しと置いてある。菜園と言うよりはジャングルと言った方が相応しい。草花類はゼラニウム、ランタナ、白妙菊、松葉菊、多肉植物、アロエ、シダ、苔など。野菜はミニトマト、リーフ…