種の中の小さな宇宙

f:id:hiroukamix:20210828133553j:plain
 山の頂上に登って美しい景色を見たり、旅行して珍しいものに出会ったりすると感動します。
 しかし日常の身近な中にも、たくさんの感動が転がっています。
 空気を吸えること、太陽の光や温もりに触れること、水を飲めること、自分の手で箸を持って食事ができること、自分の足で歩けること、目が見えること、耳が聞こえること、・・・。
 数えたら切りがありません。全て当たり前かもしれません。しかし、これらが当たり前ではない人も大勢います。
 コロナになる前は、外出の時に大気汚染の為にマスクをしなければならない国がありました。水道水を安全に飲める国は日本を含めて世界に10数ヶ国だと言われます。
 自分の手や足が自由で使えない人もいます。目や耳が不自由な人もいます。
 コロナになってから、旅行や移動が大変制約されています。日々の生活の中にも不便なことがたくさんあります。
 こんな時こそ、身近な中の小さな感動を見つけて味わうチャンスだと思います。
 私が一番感動するのは、植物の種です。先日撒いたばかりのセロリの種からあちこちに芽が出ました。去年知人から頂いた鉢植えセロリの花が咲き採取したものです。
 たった一つの苗からたくさんの種ができます。1ミリにも満たない種の中に根や茎、花や葉などの遺伝子情報が整然と書かれていることは驚きです。種の中には小さな宇宙があるのだと思います。
 種から育てたミニトマトはあと4つか5つでお仕舞いです。長い間ほぼ毎朝食卓を飾ってくれました。来年の種も採取しました。これから収穫を待っているのは、種から育てたブドウとゴーヤです。小さな種が毎日感動を与えてくれます。