④虹が現れる時

今週のお題「カメラロールから1枚」
f:id:hiroukamix:20200506062037j:plain ある日の夕方のことだった。雨が上がった後に、西の空を見ると雲が段々と消えていき、青空が増えていくのが見えた。そこで確信した。雲間から太陽が出てきたら、東の空に必ず虹が出るはずだ。
 暫くしたら、外が明るくなった。カメラを持って、ベランダに出ると案の定、東の空にくっきりと大きな虹が出ていた。しかも二重の虹だった。
 家内に
「ちょっとベランダに来て。」
と呼んだ。
「何?今夕食の準備で忙しいんだけど。」
「大きな綺麗な虹が出てるから、ちょっとだけ見に来ない。」
「本当だ。凄い綺麗。」
と暫く虹に見とれていた。こんなに鮮やかな虹は久し振りで見た。写真には、はっきりと見えないが、二重の虹だった。今まで気が付かなかったが、外側の虹は色の順番が内側と逆になっていた。
f:id:hiroukamix:20200506062916j:plain 家内は夕食を作ることも忘れて、虹が消えるまで一緒にずっと見ていた。
 聖書にノアの箱舟の話がある。世が乱れた時に、洪水によって、ノアの家庭以外が全て滅びてしまった。洪水が過ぎ去った後、神はもう二度と人類を滅ぼさないと約束した。その契約として空に虹を見せてくれた。今は新コロナウィルスの洪水が全世界に押し寄せている。早く過ぎ去って、空の虹を見たいものだ。
 虹が出ると心も晴れる。虹は天からの祝福であり、贈り物だと思う。(下は藤城清治氏の影絵)
f:id:hiroukamix:20200506061100j:plain