干し柿と干し芋

f:id:hiroukamix:20191208052117j:plain
 ここ数年毎年10月になると、知人から渋柿を頂く。去年までは焼酎で渋抜きをして食べていた。本当は干し柿にしたかったが、10月はまだ気温も高く、カビてしまうと思ったからだ。今年初めて干し柿に挑戦してみた。扇風機を使えば、部屋の中でもカビずに簡単にできると聞いたからだ。
 50個くらい渋柿の皮をむき、紐を付け、熱湯に5秒くらい浸けて殺菌した。そして普段服を掛けているパイプからハンガーを外して、そこに柿を吊した。扇風機で24時間満遍なく全ての柿に当たるように風を送った。一日過ぎると表面が乾いて良い感じになってきた。二日目も順調に干し柿らしくなっていく。しかし、三日目に三分の一くらいがカビていた。
 話が違う、これでは全滅ではないか、とショックで立ち上がれなくなった。捨てるしかないのかと諦めようと思ったが、柿を良く見ると、カビはまだ表面の少しだけだった。諦め切れず、カビを全て綺麗に取り除いて、30秒以上煮沸殺菌をしてみた。あとは祈る思いで毎日観察した。すると、今度は一週間経ってもカビは全く生えなかった。殺菌が足らなかったのだろうか?
 一つ一つ柿全体を毎日良く揉んで、更に一週間干した。最後までカビが生えることはなかった。試しに一つ食べてみたが、カビの臭いもなく、とても美味しかった。
 一つ一つラップに包み、チャックができる袋に入れて冷凍室に保存した。何の問題もなく、一ヶ月近く楽しむことができた。
 柿が終わってしまう前に、サツマイモを買ってきた。天気予報で晴れの日が続くと言っていたので、今度は干し芋を作る為だ。
 圧力鍋に水を注ぎ、蒸し板の上にサツマイモを乗せ、沸騰してから10分ほど蒸して、火を止めた。サツマイモが冷めてからスティック状に切って、百均で買った乾燥用の網に入れて外に吊した。今度は扇風機はいらない。三日間外に干した。
 昨日は天気が崩れると言っていたので、干すのはおしまいにした。固くなっていたが、オーブントースターで温めたら柔らかくなった。食べてみたが、もう十分美味しかった。これも冷凍室に保存して、これから毎日楽しもうと思う。買うと高いが、家で簡単に作れるのが気に入っている。
 干し芋干し柿よりもはるかに簡単だ。去年も作ったが、何よりもカビの心配がない時期に作れるのが嬉しい。