2021-01-01から1年間の記事一覧

「鬼滅の刃」でイエスの愛を見た

今週のお題「おうち時間2021」 「鬼滅の刃」が今とても人気です。何が多くの人々を引き付けるのかと、遅ればせながら私も映画の「無限列車編」を見に行きました。何の予備知識もなく、前後の話も良く分からないまま見ました。人間と鬼との戦いだということは…

小さな大きな一歩

今週のお題「おうち時間2021」 これは私が知人から聞いた話です。 ヘレン・ケラーは目が見えない、耳が聞こえない、話せないという三重苦を抱えていました。アニー・サリバンという最高の師と出会い、誰もが知る偉人となりました。 今からお話しするのは、ヘ…

家の近くで異空間を大発見

今週のお題「おうち時間2021」 おうち時間が与えられたお陰で、最近嬉しい発見がありました。とても日常とかけ離れた異空間を家から目と鼻の先で見つけたのです。日常の中にも十分な感動と不思議な世界がありますが、たまには非日常の世界を見るのも気分転換…

身近で不思議な世界

今週のお題「おうち時間2021」 新緑の美しい季節がきました。若葉のまぶしい輝きは元気を届けてくれます。今まで枯れ木のように眠っていた木々がすっかり蘇りました。 ベランダの鉢にも新緑が訪れました。モミジ、ブドウ、桃、オリヅルラン、ランタナ、ゼラ…

ダルマストーブで蒸した弁当

今週のお題「お弁当」 社会に出てから弁当には縁がありませんでした。いつも職場で昼ご飯が準備されました。しかしコロナになってから、弁当持参が始まりました。愛妻弁当です。毎日工夫をして、栄養のある弁当を作ってくれます。弁当と言えば、小学生の頃を…

タイムトンネルを通って秘密の部屋へ

今週のお題「お題」 もう何10年も前のことですが、実家で家を建て替えました。私がしばらく帰省していない間のことです。 久し振りに帰ったら、家が新しくなっていました。玄関も変わっていました。建て替え前、2階に私の部屋がありました。兄と共同で使って…

ラスベガスでカジノ

今週のお題「下書き供養」 今日も下書き供養の一話を出します。 ラスベガスに2度行った話を以前書きました。ラスベガスと言えばカジノです。土産話にカジノを一度くらいはしてみなければと思いました。観光から戻ると毎晩カジノに通いました。全てのホテルの…

山にお花見

今週のお題「下書き供養」 こんな粋なテーマを頂けたのは幸いです。幾つか日の目を見なかった文章があるので、この機会に放出しようと思います。 子供の時に、4月頃になると毎年花見をしました。花見と言っても、公園や川辺ではありませんでした。近くの山に…

失敗ばかりの苔育て

素朴で花も咲かない苔ですが、癒やしを感じさせてくれます。苔むした庭や沢、山の土手などで苔を見ると嬉しくなります。 最近、知人から大量の苔をもらいました。前々から私が苔を好きなのを知っていて、持って来てくれました。今まで苔玉を作ったり、鉢に植…

命を蘇らせる春の訪れ

また桜の季節を迎えました。心が何となくうきうきします。虫も植物も動物も人間も全ての生き物が元気になります。 1ヶ月余り、山奥の施設で暮らしたことがあります。目の前に湖があり、周りが山に囲まれた、自然が豊かで静かな所でした。もう20年以上前のこ…

種から咲いた桃の花

今週のお題「〇〇からの卒業」 桃栗3年と言いますが、10年以上前に食べた桃の種を取り土に埋めてから、今年になって初めて花が咲きました。たった4輪ですが、とても感動しました。とても嬉しい春の訪れです。 濃いピンク色をしていて、桜の花に似ています。…

脳はイメージと実際を区別できない

今週のお題「〇〇からの卒業」 先日近くの音大で卒業コンサートがあるとポスターが貼ってあったので、楽しみにしていました。いよいよ明日だと思い、前日確認の為に、ポスターを見ると、 「緊急事態宣言延期につき、一般の方はご遠慮下さい」 という小さな貼…

甘い思い出

今週のお題「花粉」 私は花粉症には無縁です。今日は花粉と蜜蜂の話です。 忙しい仕事の合間に、毎日飲む1杯のカフェラテが私の至福の時間です。たいてい飲むのは昼食の後です。 大きなカップにミルクをたっぷりと入れて、スチームでミルクを泡立てながら温…

コロナ終息を願う虹の便り

久し振りに今日虹を見ました。朝から冷たい雨が降っていました。風も強く、吹き付ける雨でベランダがびしょぬれになりました。 夕方雨がやみ、明るい太陽の光が突然西の方から差して来ました。すぐに虹を予感しました。すかさずベランダに出て、東の空を見る…

立ち止まって見つめ直す

お題「#この1年の変化」 1年を振り返ると、何と言っても新型コロナウィルスの出現が一番の衝撃でした。令和を迎えたばかりですが、平成、昭和を遡り、江戸時代まで逆戻りしたような気持ちです。 今までの常識が通用しなくなりました。時代の迷子が大勢生まれ…

イチゴ狩り

毎年この時期に、イチゴ狩りに行きます。今回は去年出来たばかりの農園ロコファームHANYUに行きました。 3種類のイチゴがあり、食べ比べる事が出来ました。一番甘かったのは「紅ほっぺ」でした。 制限時間は30分でしたが、15分もすると、お腹いっぱいになり…

心の中の鬼

今週のお題「鬼」 今日は節分の日です。普段は2月3日ですが、2月2日の節分の日は124年振りだそうです。地球が太陽を回るのがぴったり365日ではない事から、たまにズレるようです。 「鬼は外」と言いますが、「鬼」は本当にいるようです。「邪気」は「邪鬼」…

カラスの散歩

今日は朝からパラパラと雨が降っています。午後からは雪が降ると天気予報が伝えていましたが、そんなに寒い訳ではありません。前回の雪の予報は空振りでした。 駅のプラットフォームで電車を待っていると、カラスが一羽、線路の上を歩いて来ました。どうやら…

下坐に生きる③

三上さんが食べたのを見届けて、少年は初めて心を開き、話を聞きます。どんなに良い話でも、人は心を開かなければ聞く耳を持ちません。三上さんは、人は誰かの役に立つように生まれてきた話をします。しかし少年はあと数日の命です。 「俺はもう明日にも死ぬ…

下坐に生きる②

少年の前に一人の人物が現れます。その人は、一軒一軒トイレ掃除をしながら訪問する事で有名な、一灯園という京都にある修養団体の、三上和志さんという方でした。この病院に有り難い話をする為に来しました。 三上さんの話が終わったあと、院長先生が、重体…

下坐に生きる①

ドキュメンタリー作家の神渡良平氏の本は、事実だけに、いつもとても感動します。そして説得力があります。氏の本に『下坐に生きる』という本があります。その中に、温かい心で孤独で寂しい少年の心を溶かした方の話があります。今日から3回に渡って、話のお…

相性の悪いもの

相性の悪い物の筆頭が眼鏡とマスクです。息が白くなってきました。マスクをしていると、眼鏡が曇ります。ひどい時は、目の前が何も見えなくなります。自転車に乗っていて、危険を感じた時があります。どうもマスクと眼鏡は相性が悪くて困ります。曇らないマ…

電車の騒音

線路沿いに家が並んでいます。ひっきりなしに電車が通り、騒がしくないのかなと思ったりします。 学生時代に甲府まで通っていました。片道が電車で1時間くらいでした。ストライキで電車が動かなくなる前日に、親戚の家に泊めてもらいました。 その家の目の前…

中々片付かない部屋の中

ステイホームで家の片付けをする人が増えていると聞きます。しかし私は物を大切にしているのか、未練や執着があるのか、部屋の中が中々片付きません。 整理と整頓は違うと言います。整理は必要のない物を捨てる事、整頓は必要な物を整える事。この整理が私は…

春を告げる紅梅

1ヶ月振りに温泉に行って来ました。玄関のモミジが先月は最高の紅葉でしたが、皆落ち葉になっていました。露天風呂のツワブキの黄色い花は綿毛になっていました。 コロナのせいで、人はまばらでした。岩盤浴や内風呂は避けて、また露天風呂専門にしました。…

寿司にわさび

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 味覚は子供から大人になるに従って、確実に変わってきました。子供の時に、どうしても食べられなかった物がありました。ピーマン、椎茸、エビ、ふきのとう、わさびなどです。寿司は必ずわさび抜きでした。お茶も飲…

「俺」「僕」「私」「わたくし」

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 子供の時は、自分の事を最初は「俺」と呼んでいました。途中から「僕」になりました。大学の頃に、自分の事を「私(わたし)」と呼ぶようになりました。それから少し、大人になった気分がしました。 実際は大人でも…

不可能と思っていた車の運転

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 私は子供の時に、大人が車を運転しているのを見て、凄いと思いました。同時に左右の手を器用に使いながら、足も両足を使っています。目は前を見たり、鏡で後ろを見たりしながら、横や後ろの人と話をしています。 …

10代で大人?

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 チケットの購入は大人というと20才以下が多いです。電車やバスなどは中学生から大人料金がほとんどです。飛行機は小学生でも12才になれば大人料金です。 遊園地などは18才から大人料金が多いようですが、中には15…

大切な節目の成人式

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 今日は成人の日です。新成人は124万人だそうです。コロナ禍の中で、多くの成人式が中止になってしまいました。中にはオンラインやドライブインでの成人式もあるようです。 私は学生時代に成人式を迎えましたが、残…